Let’s Drink Water

 
だれでも簡単に冷たい水やお湯がすぐに使えるから利用頻度が増えました!
 
家では子供やペットが水をよく飲むようになったわ。
 
オフィスのスタッフが凄く喜んでくれたよ!
 
ジュース等の飲み物はあまり飲まなくなりました。
 
子供の友達が家に来た時に楽しそうに飲んでいました。
 
健康的な生活のための水分摂取習慣が身に付きます。
 
ペットボトル等の重いものが減り買い物が楽になりました!

ウォーターサーバーのメリット

利便性

ウォーターサーバーは家庭で簡単に飲料水を提供するための便利な装置です。常に清潔な水を手軽に利用できますので、ペットボトルの購入や持ち運びの手間が省けます。

高品質な水の提供

ウォーターサーバーは多くの場合、浄水処理を経た高品質な水を提供します。独自のフィルターや浄水技術を使用して、飲み水から不純物や異物を除去し、美味しい水を飲むことができます。

コスト効果

ウォーターサーバーは最初の設置費用やレンタル費用がかかる場合もありますが、長期的に見ると、ペットボトルの購入費用よりもコスト効率が高くなる場合があります。

健康への影響

ウォーターサーバーを利用することで、定期的な水の摂取が促進されます。適切な水分摂取は健康にとって非常に重要であり、ウォーターサーバーを使うことで家族全員が水を飲む習慣を身につけることができます。

ウォーターサーバーの利便性

ウォーターサーバーは冷たい水と熱湯がすぐに利用でき、大変便利な装置です。ステンレスボトルに入れて、お子様の部活や急な外出時にもすぐに用意できます。気になる臭いもなく、安全な飲料水がいつでも飲めることが特徴です。

1.大量に使える
水道水ペットボトルウォーター
サーバー
×
2.冷水/熱湯が使える
水道水ペットボトルウォーター
サーバー
××
3.運搬の必要がない
水道水ペットボトルウォーター
サーバー
4.飲料水としての便利さ
水道水ペットボトルウォーター
サーバー
水道水は水処理プラントで浄化されますが、配管や水道インフラの老朽化により、水の味や臭い、微量の不純物などが一部の地域では問題となることがあります。
ペットボトルは手軽に購入できます。しかし家庭の飲料水とした場合、短期間での補充や頻繁な買い物が必要となり、購入費用も廃棄物も増加します。
ウォーターサーバーは冷たい水はもちろん、お湯がすぐに使える利点があります。ボトル設置タイプは交換作業が難点となることがあります。

高品質で安全な水

ウォーターサーバーの水質は、製品やサービスによって成分が異なりますが、一般的には浄水処理を経た高品質な飲料水を提供しています。活性炭フィルターや逆浸透膜など、高度な浄水処理技術によって塩素、重金属、農薬、細菌、ウイルスなどの不純物や異物を取り除くことができます。

ウォーターサーバーの水の種類には「天然水」と「RO水」があります。

天然水

天然水とは、特定の水源から採水した地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の処理をしていない水のことで「ナチュラルウォーター」とも呼ばれます。

RO水

RO水とは、水道水を原水とし、逆浸透膜(Reserve Osmosis)フィルターを使用して不純物を取り除いた純度の高い水のことで「ピュアウォーター」とも呼ばれます。

コスト効果(レンタル料・電気代など)

ウォーターサーバーのタイプは大きく分けて「ボトル宅配型」と「水道水浄水型」の2種類があります。

ボトル宅配型サーバー

定期的に宅配されるボトルを交換するタイプです。注文したボトルの水代がかかります。

水道水浄水型サーバー

水道水をフィルターを使用して浄水するタイプです。水の購入はありません。

一般的なウォーターサーバーの費用(月額)

レンタル料1,000~5,000円
水代1,200~2,500円
電気代300~1,000円
配送料500~2,000円

これらを合計した月額費用で考えた場合、3,000~6,000円が最近の相場レンジといえます。水代以外の費用がかからないタイプや月額定額制のタイプなど、水の種類やウォーターサーバーの種類によって各社の料金体系は異なります。

初期費用

初回手数料0~10,000円
設置費用0~15,000円

初期費用はオプションの場合も多く、設置費用などは業者を使わずに設置するタイプのものもあります。期間限定キャンペーンや乗り換えのキャッシュバックなど、この費用は大きく変動します。

水の種類とコストの関係

「ボトル宅配型」と「浄水型」では水代・配送料のかかる「ボトル宅配型」の費用が高くなります。一方で「浄水型」は水道水を使用するため、料理など大量に使用したい人にはお得です。

最近はフィルターでろ過したピュアウォーターにミネラルを添加したRO水なども増え、味も成分も天然水レベルの水が手軽に使用できます。

1日に2ℓ以上使用する場合、ペットボトルでは月3,000~5,000円程度の費用がかかります。買い物の手間や廃棄物の処理を考慮するとウォーターサーバーのコストパフォーマンスは非常に高いです。

特に浄水型ウォーターサーバーは水代不要、配送料不要、受け取り不要、ボトル交換不要で最適な選択と言えます。

環境への配慮

定期的にボトルが配送されるタイプのウォーターサーバーは、リサイクル可能なボトルを使用するため、プラスチックの使用量を削減することができます。一度の購入で何度も利用できるため、廃棄物の削減にもつながります。

水道水を注ぐ浄水型ウォーターサーバーは、ボトルを使用しないため環境にやさしく、廃棄物が発生しません。また、ボトルを保管するスペースを確保する必要がなく、交換作業の負担もありません。

<PR> アクアバンク ウォーターサーバー オンライン